教授からのメッセージ

「人のため、正しく、楽しい眼科」を
共に目指してくれる人を待っています。

教授 大路 正人

臨床実習(クリクラ)を経験して眼科に興味を持った学生さん、初期研修医の方で眼科の実情を知りたい方は是非一度、滋賀医大眼科に足を運んでください。眼科は小さな感覚器ですがQOLに与える影響は甚大であり、患者さんの人生に大きな喜びをもたらし、やりがいのある診療科です。手術件数は全科の中でも圧倒的に多く、非常に多くの患者さんが喜ばれています。一方で、難治性の眼疾患に対する新しい治療も急速に広がっており、今後の発展が見込まれる診療科でもあります。

滋賀医大眼科は毎年の入局者が2~4名程度の比較的小さな医局です。大きな医局には大きな医局の良い点がある一方、小さな医局にも多くの良い点があります。個々の専攻医にはMentor(指導者)が付き、直接指導するとともに、Mentor以外の指導医とも距離が近く、丁寧に指導を受けることができます。あらゆる検査とレーザー治療や手術執刀を含め、各専攻医の習得状況を把握し、適切に指導する体制をとっています。滋賀医大を卒業された方も、他の大学を卒業された方も楽しく充実した研修を行っています。

滋賀医大眼科の特徴は早期体験早期実践です。例えば、白内障手術は豚眼を用いた練習とビデオを用いた講義を通じて学んだ後に、早期から執刀を開始し、Mentorからの適切なアドバイスを受けstep by stepでそれぞれの手術手技を経験し、入局1年後の白内障手術の完遂を目指します。眼科専門医の取得に必要な学会発表や論文作成も丁寧な指導を通じて、全員が問題なくクリアできます。もちろん深く研究したい先生には大学院や留学などの道も開けています。眼科医として勤務する関連病院は滋賀県と京都市に限られており、滋賀医大から容易に通勤できる範囲にあります。これもメリットのひとつかもしれません。安定した診療には自身の生活の安定も重要であり、これも医局で保証いたします。

一般的な疾患の治療に加えて、稀な疾患や重篤な疾患の治療に積極的に取り組んでいます。
「人のため、正しく、楽しい眼科」を共に目指してくれる人はぜひ集まってください。

お問合せ先

滋賀医科大学眼科学講座

e-mail : (柿木まで)
TEL:077-548-2276 
FAX:077-548-2279

ページトップへ戻る